唐辛子(とうがらし)ダイエット

唐辛子(とうがらし)ダイエットは「カプサイシン」の働きを利用して脂肪を燃やして痩せる

唐辛子(とうがらし)ダイエットとカプサイシンの働き

唐辛子(とうがらし)ダイエットとは、唐辛子(とうがらし)を意識的にたくさん食べて、とうがらしの成分である「カプサイシン」の働きを利用して脂肪を燃やして痩せるという、やや強引というかスゴい発想から生まれたダイエット方法です。

とうがらしダイエットは一時話題になり、どんな料理にも一味唐辛子や七味唐辛子をバンバン振りかけて食べるといった人もダイエットブログなどで見聞きしました。

ちなみに唐辛子には代謝促進作用(体脂肪の燃焼、ダイエット効果) の他にも、内臓機能の活性化や血行促進、免疫力のアップ 、疲労回復などの効果があるとのこと。

唐辛子(とうがらし)ダイエット1

唐辛子(とうがらし)ダイエットの効果

さてさて何故、唐辛子(とうがらし)ダイエットで痩せる効果があるのかという根本的な疑問ですが、とうがらしを食べると唐辛子に含まれるカプサイシンという辛味成分が胃で吸収され、血液によって脳に運ばれます。

その結果、脳は代謝を高めるホルモンであるアドレナリンを分泌する命令を出すので、発汗作用を促し体内脂肪の燃焼も高まり痩せるということらしいです。

このことから唐辛子ダイエットのことはカプサイシン・ダイエットという風にも呼ばれているみたいです。

唐辛子(とうがらし)ダイエット2

唐辛子(とうがらし)ダイエットの注意点

カプサイシンは、脂肪を燃焼させるようにと脳に直接刺激を与えることから、とうがらしダイエットが即効性の高いダイエット方法として認知されがちですが、皆さんもご存知のように唐辛子は刺激物であり胃への刺激も強いことから、くれぐれも過剰な摂り過ぎは身体に良い訳はなく危険ですので注意が必要です。

とうがらしダイエットが皮下脂肪の分解を促進し、肥満防止や肥満解消につながるという特性を生かしたダイエット方法であるのは確かなようですが、胃腸の弱い人やアレルギーなどが起こりやすい人などは控えたほうが良いと思われます。

唐辛子(とうがらし)ダイエット3

洗顔後はたっぷりの化粧水を
シワを作る大きな原因に、お肌の乾燥による水分不足があげられます。
20代〜30代にできる小ジワは、まだ表皮の部分で起きている段階のものであり、乾燥によってお肌の弾力が失われ、収縮した皮膚が元に戻らなくなっている状態です。
この段階のシワならば、お肌にたっぷりと水分を与えてあげることで水分が補給され潤いを帯び、状態が改善される可能性が十分あります。
乾燥肌気味に感じているとき、洗顔後にはたっぷりの化粧水で潤いを与えましょう。


簡単ダイエット方法

簡単ダイエット食品・レシピ

ダイエット法メモ